敬老の日プレゼント おじいちゃん、おばあちゃんへの贈り物

敬老の日の始まりはいつ?

敬老の日のはじまりは1947年です。兵庫県多可郡野間谷村(現在の多可町八千代区)の門脇政夫村長(のち兵庫県議会議員)と山本明助役がに提唱した「としよりの日」がきっかけとなっています。

 

気候が良く、農閑期でもある9月15日を「としよりの日」と定め、この日に敬老会を開いていました。

 

1950年からはこれが、兵庫県全体で行われるようになって、そして全国に広がっていきました。

 

1964年に、「としより」という表現は良くないということで「老人の日」と名称にかわりました。
翌1965年に国民の祝日「敬老の日」に制定されました。

 

2002年までは、9月15日が敬老の日と制定されていましたが、ハッピーマンデー制度の実施で、2003年からは9月第3月曜日となっています。

 

ちなみに2012年は、9月17日です。

 

「母の日」などの、日本国外発祥の記念日と違い、「敬老の日」は、日本だけの文化となっています。

 

 

おじいちゃん、おばあちゃんが、泣くほど喜んでくれるプレゼント>>>